家づくりコラム

家づくりに役立つ情報を
随時更新中!

No. 59【中標津 新築注文住宅コラム】洗練のその先に、上質が待っている。

中標津町・釧路市で新築注文住宅をご検討中の皆様こんにちは!

近藤工務店の中西です(^^)/

どーも!休日でも愛犬の散歩以外で外に出ることが無くて順調(?)に太ってきたのは私です。
以前は草野球・バレーボール・ハーフマラソンなどの運動していたのですが、最近は全く運動できてないのが悩みです(笑)

時代背景を背負わない家づくり

新築注文住宅でプランを提案する時は常々、
家が時代背景を背負わないようにと心がけています。

時代背景を背負った家とは、
竣工から数年経った家を見て、
「この家は〇〇年前につくられた家だね」、
「そういえば、このメーカーのサッシが流行っていたな」
と、ひと目で分かってしまう家のことです。

これは、いわゆる私の職業病なのですが、
皆さんもお心当たりがあるのではないでしょうか?

住宅をファッションに例えてみると、
「80年代に流行ったファッション」、
「昔は皆、こんな髪型してたよね」というように、
そのもの自体に時代背景が染みついているため、
見た瞬間におおよその年代がわかってしまいます。

もちろん、当時は多くの人が良いものだと思っていましたし、
周りを見渡せば、皆がそれを着ていました。
ですが、今では誰も着ていないばかりか、
古臭さや違和感を覚えることのほうが多いでしょう。

注文住宅も同様で、数年単位で流行があります。

今は皆が良いものだとしているものでも、
5~6年もすれば過去のものとなってしまいます。
やっかいなことに、洋服と違って、
流行が変わるたびに買いなおすことができません。

「昔の家だから…」と言って諦める人がいる一方で、
わざわざリフォームまでする人もいます。
実際、近藤工務店ではリフォームを依頼されることがあり、
多くのお客さんから依頼を受けてきました。

雨漏りや床の歪みなどの、
実害を受けてのリフォームもありますが、
そのついでに壁を張り替えたり、
内装を一新したいという依頼が多いと感じます。

これは、家に染みついた時代背景を変えたい
という願望以外の何ものでもありません。
中標津町・釧路市で新築注文住宅を選んでいるのに、
非常に勿体ないことだと思います。

私個人の想いとしましては、時代背景を背負わないシンプルなお家造りをしていくのが大切になっていくのではないかと感じました。

 

最後になりますが、

近藤工務店は中標津・釧路市で新築注文住宅をご検討中の皆様に

間取り、土地、資金等々、それぞれのお客様に合ったご提案をする自信、経験がございます!!

この機会にぜひ!ご来場お待ちしております(^^)/

 

↓ 最新のイベント情報はこちら! ↓

↓ 来場予約はコチラ! ↓

家づくりコラム一覧に戻る

資料請求・見学予約受付中! お問合せ・お申込みは簡単フォーム入力30秒
  • イベント来場・ご相談モデルハウス見学
  • 人気資料を限定で無料プレゼント!

PageTop