家づくりコラム

家づくりに役立つ情報を
随時更新中!

No.185【釧路市 新築注文住宅コラム】家相に影響??日当たりのはなし

釧路市・中標津で新築注文住宅を検討されている皆さまこんにちは。

近藤工務店釧路店 磯島です。

まだ朝晩は冷えることもありますし、天気予報から雪だるまが消えることはないのですが、

日の出は早くなり、日没は遅くなっておりますので、明るい時間が長く春の訪れを目で感じれるようになってきましたね。

本来であれば、連休の予定なども決まり少し高揚している時期なのですが、今年は皆さん我慢ですね。

北海道、釧路に桜が咲き始めるころにはこの騒ぎが収まっているよう努力しましょう!!

先ほど、明るい時間が長くなったとお話ししましたね。

日が出てる時間が長くなるとついつい気になるのが日当たりですよね?

釧路市・中標津で新築注文住宅を検討されている方も日当たりが気になる方も多数いるようなので

今回は日当たり・方角についてのお話をさせていただきます。

 

釧路市・中標津で新築注文住宅を検討されている方は、現在のお住まいを決める際に方角を意識されたと思います。

アパートにしても、借家にしても必ずといって良いほど話題になります。

日当たりの良さや水回りの快適さが変わるので当然ですよね。それに鬼門だったり北枕に代表されるように、日本では言い伝えや風水といったものも加味される文化ですので、情報として頭に入れておきましょう!!

まずは日当たりを考える際に必須な方角について簡単にまとめました。

東向きのメリットは朝日です。朝の目覚めは爽快ですし、冬場は特に部屋の暖まりが早いことは、早朝の寒さが一番厳しい釧路市・中標津で新築注文住宅を検討されている方へは朗報ですね。

午前中は日差しが当たりますが、午後は当たらないので洗濯物等には注意が必要かもしれません。

西向きは東向きと反対なので、午後に日を取り込める一方、夏場は西日が眩しく暑さが引かないといった事由から敬遠されがちです。

南向きは一日中まんべんなく日が当たるので人気もありますし、相場も高くなります。

北向きは南向きの逆で日当たりが悪いことが最大のデメリットとなります。密集地では隣の家に遮られて日差しが入らないケースも散見されますが、相場はその分低くなりますので費用面でのメリットは非常に大きいと言えます。

釧路市・中標津で新築注文住宅を検討される際には日当たりの良さだけではなく、生活スタイルや近隣の住宅も考慮することをお勧めします。

ここからは蛇足になりますが、北東の方角を「鬼門」、南西を「裏鬼門」といい忌むべき方角と言われてきました。文字通り鬼の出入り口と言われているため、家相では三備(玄関・キッチン・トイレ)を設けずと言われてきました。寝室や子供部屋は家相への影響が少ないと言われています。

釧路市・中標津で新築注文住宅を検討されている方の中には、せっかくの新築なので、運気も重視したいという方もいらっしゃると思います。

しかし、方角で重要なことは「日当たり」ですので、縁起物として参考程度にするのがいいかと思います。

近藤工務店では土地や建物に詳しい宅建士も複数在籍しております。

気になる方はお気軽にご相談ください!!

今週末、感染症対策を万全にして見学会を開催します!!

釧路で最もアツいスポットの昭和中央エリアでの開催になります。

完全予約制になっておりますので、WEBからの申込をお待ちしております!!

家づくりコラム一覧に戻る

資料請求・見学予約受付中! お問合せ・お申込みは簡単フォーム入力30秒
  • イベント来場・ご相談モデルハウス見学
  • 人気資料を限定で無料プレゼント!

PageTop