無料カタログ 来場予約キャンペーン実施中

本社:Tel . 0153-72-8988 釧路営業所:Tel . 0154-64-7175

ブランド紹介

Brand

「FPの家」は1棟ずつ測定し、
高性能を保証します

住むほどに満足度が深まる家、「FPの家」の性能と技術力の高さを感じて下さい。
数値が示す「FPの家」の高性能は、安心で快適な暮らしを実現します。

高断熱・高気密

高断熱・高気密の秘密は断熱材。

「FPの家」の最大の特徴は、断熱材として、独自に開発したウレタンパネルを採用していることです。
生産工場での製造過程では、木枠パネルにウレタンをプレス機で圧力をかけて注入発泡し、製品化します。
このように圧力をかけることで、密度の高い硬質ウレタンとなりさらにウレタン樹脂成分が木枠と密着し、パネルと木枠が一体となって強さが高まります。

FPパネルの断熱力は4.37

断熱力(熱抵抗)=使われる断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値です。
数値が高い程、断熱力があります。実際の硬化を比較する際に用いられます。
標準で105mmのウレタン断熱パネルを使用する「FPの家」の断熱力は
4.37。他の工法と比べても高い数値を示していることがわかります。

他工法との断熱力の比較

硬質ウレタンフォーム グラスウール(16K) ポリスチレンフォーム
熱伝導率(W/m2K) 0.024 0.045 0.040
厚さ(mm) 105 100 50
断熱力(熱抵抗)
[厚さ(mm)÷熱伝導率]
4.37 2.22 1.25
熱伝導率とは

ウレタンフォームの熱伝導率
0.024w/㎡k

パネルに使われている硬質ウレタンフォームの断熱性能を表す「熱伝導率」は0.024W/以下で、断熱材としては最高レベルに近いものです。

熱伝導率とは

熱伝導率とは物体の持つ熱の伝わりやすさを表したもの。
数値が小さいほど断熱性が高くなります。

「FPの家」熱損失係数(Q値)
1.67w/㎡k ※「FPの家」全国平均値

住宅内部の熱がどれだけ外に逃げているか計算し、数値を表したのが
「熱損失係数(Q値)」です。数値が小さいほど断熱性能が高いといえます。
Q値は間取りや開口部の面積によっても異なるため、
1棟1棟別の計算結果が出てきます。「FPの家」では全棟でQ値計算を行い、
断熱性の高い設計を徹底し、高性能を実現しています。

住宅の気密性を表す数値(C値)
「FPの家」相当隙間面積0.45c㎡/㎡

住宅の気密性とは、バケツから水が漏れるのと同様に、
家からどれだけ空気が漏れるかを表す性能のことです。
つまり、住宅にあいた隙間がどれくらいあるかを数値で表したものが気密性で、
これは「相当隙間面積(C値)」を実測することで比較できます。

気密性に配慮していない一般の住宅

1㎡当たりの隙間が9~10c㎡程度

FPの家

1㎡当たりの隙間実測平均で0.45c㎡の「FPの家」はそのおよそ20分の1。気密性の高さを実証しています。

耐震構造

FPウレタンパネルの強度とFP 軸組工法で、
大切な家族と財産を守ります

硬質ウレタンは直射日光にさらされることで劣化速度が速まることが考えられますが、床、壁、天井などの躯体の中に
組み込まれているウレタン断熱パネルは、長期間にわたって維持されることが実証されています。

FP軸組工法

FP軸組工法(壁組)

断熱性・気密性の高い硬質ウレタンと木枠パネルを一体成形した
ウレタン断熱パネルを建物の躯体に組み込むことにより、
壁構造そのものになっています。
そのため、一般の工法より強い剛性を備えた建物ができあがります。

FP軸組工法と他工法との比較

力学的強度を比較してみると、一般の軸組工法の強度を表す壁倍率は2.0であるのに対し、FP軸組工法の壁倍率は3.4。
すなわち1.7倍もの壁組強度(応力=物体内部の抵抗力) を誇っています。
※国土交通省大臣認定に基づく比較

耐震・耐火実験で
実証された安心構造

阪神・淡路大震災を再現した振動や実験用のより
強い振動を与えた耐震実験でも、FPパネルを用いた建物にはほとんど影響はありません。 また、FPウレタンパネルは優れた耐火性を持ち、
発火温度は木材とほぼ同じ400℃前後です。

換気について

計画換気でクリーンな室内環境を実現。

断熱・気密の性能が高くなるほど、エネルギーのムダを省き、健全な室内環境を保つ上でも計画換気は欠かせませんが、
「FPの家」は第3種換気で24時間換気を採用しています。
ダクトファンによって汚れた空気を排出し、空気の圧力差(負圧の状態)を室内につくることで、給気口から新鮮な外気を取り入れます。

「FPの家」は第3種換気を採用

計画換気でクリーンな
室内環境を実現

「FPの家」は主に第3種換気で24時間換気を採用しています。
機械によって汚れた空気を排出し、給気口から
新鮮な外気を必要なだけ計画的に取り入れます。

優れた計画換気によるメリット

衛生的で健康的な室内環境が整うから喘息やアトピーなどの
現代病にかかりにくい住まいが実現します。

結露とは無縁の暮らしで健康な暮らしを

結露に無縁な「FPの家」なら、建材や接着剤の他にカビやダニなどの
汚染源が原因でおこる目や喉の傷み、頭痛、吐き気などを引き起こす
シックハウス症候群も防ぐことができます。

結露をシャットアウト

体調不良を引き起こすシックハウスの原因となる、
壁内部に発生する結露をシャットアウト。

健康住宅の「FPの家」だからこそ、測定を実施しています。
全棟室内環境測定、風量、気密測定を実施

  • 室内環境測定

    5つの揮発性有機化合物(VOC)について、
    室内濃度の測定をお引き渡し前に実施。
    住む人を守る本当に健康な住まいづくりを
    実現しています。

  • 風量・気密測定

    完成時に全棟で風量測定を実施し、
    計画換気の機能が正常に働いていることを
    検査したうでお引き渡ししています。

省エネ性能

「FPの家」省エネ性能 

わずかな冷暖房で理想な快適な暮らしができ、光熱費もきわめて安くすむ「FPの家」。
オール電化との相性も良く、太陽光発電併用でさらに削減、家計にやさしい住まいです。

暖冷房費の違いでわかる、経済性の高さ。

ウレタンパネルの優れた断熱性能により、高い省エネルギー性を確保できるのが、「FPの家」の特長のひとつです。
改正省エネルギー基準では、熱性能が従来の「熱損失係数(Q値=床面積あたりの熱損失量)」から「外皮平均熱貫流率(UA値)」へ移行となりましたが、
このように熱性能の基準が変わろうとも、「FPの家」の省エネ性の高さは、全国一律で最高水準であることに変わりありません。
下のグラフは、改正省エネ基準のもとで光熱費データを比較したものです。
駆体構造がしっかりしている「FPの家」は、暖冷房費を見ればエネルギー効率の良さがよくわかります。
エネルギー消費量も計算上の基準値に対し、「FPの家」の設計値がはるかに下回り、施工をきっちり行っていることから、実測値はさらに低い値となっています。
太陽光発電の採用で光熱費はさらに削減でき、10年後、20年後も入居当時そのままの快適さと省エネ性を持続することができます。

光熱費データ 比較グラフ

●建築値:岩手県花巻市
●面積:[1F]89.44㎡[2F]53.28㎡(吹き抜け、ロフトを含む)
●延床:142.72㎡
●外皮表面積:332.77㎡
●UA値:0.43W/㎡K
●太陽光発電パネル:6.6kW

FP本部サイトへ
  • COWCOWパック 月々6万円台で建てられる超高性能なデザイン住宅
  • ZERO BOX 家賃4万円台でも節約できる高性能&おしゃれな新築一戸建て
  • 近藤工務店の無料カタログ・資料プレゼント!
  • 来店ご相談